わき毛処理メインイメージ

キレイにワキ毛を処理して「美ワキ」を目指しましょう!

美ワキ女性女性なら、ムダ毛が気になって当然ですよね。なかでもワキは一番気になるムダ毛。

普段はムダ毛の処理をサボっている人でも、ワキのお手入れだけは欠かさないという人も多いようです。

でも、一言でわき毛の処理方法といっても、たくさんの種類がありますので、「どんな方法があるの?」「どれがいいの?」と迷う人も多いと思います。

いろんな方法を比較して「一番いい方法」をお伝えします

当サイトでは、わき毛の処理方法を「仕上がり」、「肌への負担」、「かかる手間」、「コスト」で徹底比較して、本当にキレイなワキになるためにはどの方法が一番いいかをお伝えしたいと思います。

  • ・カミソリ
  • ・電気シェーバー
  • ・毛抜き
  • ・脱毛ワックス
  • ・脱毛テープ
  • ・クリニック
  • ・フラッシュ脱毛器
  • ・レーザー脱毛器
  • ・脱毛サロン
  • ・脱毛(除毛)クリーム
  • ・その他の脱毛器
  • どの方法でワキ毛を処理するかで、「毛穴の目立たないキレイなワキ」になるか、「黒ずんだ汚いワキ」になるかが別れてしまいますので、処理方法選びは大切です。

    【毛穴の目立たないキレイなワキ】
    24歳さゆらさんのキレイなワキ 27歳yukiさんのキレイなワキ 31歳sinbaさんのキレイなワキ
    画像提供 左から「さゆらさん(24)」 、「yukiさん(27)」 、「sinbaさん(31)」 ※スマホはクリックで画像拡大 ←これらの処理方法はコチラ
    【カミソリの処理で黒ずんだワキ】
    22歳りなさんの自己処理で黒ずんだワキ27歳みいこさんの自己処理で黒ずんだワキ34歳クッキーさんの自己処理で黒ずんだワキ
    画像提供 左から「りなさん(22) カミソリ6年」 、「みいこさん(27) カミソリ&毛抜き10年」 、「クッキーさん(34) カミソリ15年」 ※スマホはクリックで画像拡大

    キレイにわき毛を処理したい気持ちは皆さん同じはずですが、上下の写真を見くらべると、ワキの見た目がかなり違いますね。

    毛抜きやカミソリを使ってわき毛の処理をしている人がほとんどだと思いますが、使い方によっては黒いポツポツが目立ったり、お肌が黒くなってしまうこともありますので、気をつけないといけません。

    10年経ってもキレイなワキでいるためには

    たとえ今すぐキレイなワキになったとしても、年月が経って汚くなってしまうのでは、きっと後悔してしまいます。

    ワキの処理を続けて、10年経ってもキレイなワキを維持するためには、「処理方法選び」が大切になってきます。そして、いくらキレイに処理できる方法でも、お金がかかり過ぎてしまっては続けることができず、結局やめてしまう人が多いと思います。

    どのわき毛処理方法にも、それぞれメリットやデメリットがあり、どれの方法を選ぶかでコストパフォーマンスや、仕上がりに大きな差が出てきます。

    当サイトでは、

    ▼わき毛の処理方法比較(それぞれの処理方法のメリット・デメリット、使い方などの比較)
    ▼経験者の意見や、アンケート、体験談(実際に経験した方の意見、ホンネのアンケート)
    ▼理想のワキ処理方法は?(キレイなワキになるためのベストな方法)

    を掲載していますので、参考にしてください。

    わき毛の処理方法比較

    考える女性

    11種類のわき毛処理方法や、経験者の意見(口コミ)を掲載しております。

    各種わき毛処理方法を、

    ・仕上がり
    ・肌への負担
    ・かかる手間
    ・コスト

    で比較して、独自に評価していますので、参考にしてください。

    ワキ毛処理方法 目次

    剃る、カット(カミソリ、電気シェーバー)

    抜く(毛抜き、ワックス、脱毛テープ)

    生えなくする(脱毛)(クリニック、フラッシュ脱毛器、レーザー脱毛器、脱毛サロン)

    その他(脱毛クリーム、その他の脱毛器)

    わき毛を剃る、カットする方法

    わき毛処理方法 > →剃る、カット  抜く  脱毛  その他

    カミソリ

    当サイト評価 ★★★☆☆
    仕上がり○ 肌△ 手間△ コスト△

    カミソリ ワキの処理方法としては最もポピュラーで、一番多い方法ですが、頻繁な処理を続けるのは危険です。カミソリでわき毛処理をするときには、注意点を守って正しく使用することで、負担を軽減することができます。

    ■10年間でかかるコストは?
    替刃付け替えタイプを使用すると、ホルダー(本体)500円を1年間使用。1個200円の替刃を月に2回交換すると、1年間で4,800円シェービング剤とアフターローションなど、1年間で4,000円。
    10年間で、合計93,000円

    電気シェーバー

    当サイト評価 ★★★★☆
    仕上がり△ 肌◎ 手間○ コスト◎

    電気シェーバー 電気シェーバーはお肌への負担が少ない方法です。ワキにも問題なく使用できますし、頻繁な処理でも問題ありません。わき毛が生えてくるまでの期間が短いこと以外には大きなデメリットは見当たりません

    ■10年間でかかるコストは?
    5,000円の電気シェーバーの寿命を5年間として、10年で10,000円。
    5年で替刃を2回として、10年で8,000円。
    10年間で、合計18,000円

    わき毛を抜く方法

    わき毛処理方法 > 剃る、カット  →抜く  脱毛  その他

    毛抜き

    当サイト評価 ★★☆☆☆
    仕上がり○ 肌× 手間× コスト○

    毛抜きお手軽で、コストがかからないというメリットがある一方で、痛みや、お肌への負担が大きいというデメリットが目立ちます。お手入れしたあと、次にわき毛生えてくるまでの期間が長いため、たくさんの方が毛抜きを使っていますが、長く続ける処理方法ではないと考えます。毛を抜くときに注意すべき点も多くありますのでご覧ください。

    ■10年間でかかるコストは?
    毛抜きを1本500円、5年で買い換えるとして10年で1,000円
    アフターローションが1年で3,000円。
    10年間で、合計31,000円

    脱毛ワックス

    当サイト評価 ★★☆☆☆
    仕上がり○ 肌× 手間△ コスト×

    ワックス 海外では知名度が高い方法なのですが、使用前にわき毛をある程度伸ばす必要がありますし、日本ではあまりなじみがない方法だと思います。取り切れなかったわき毛は、さらに別の方法でフォローしなければいけないのも面倒に感じてしまいます。使用時には説明書を読んで、使い方や注意点をしっかりと確認することが大切です。

    ■10年間でかかるコストは?
    3,000円の脱毛ワックスを、月2回の頻度で3ヶ月で1個使うとすると、1年間で12,000円。
    10年間で、合計120,000円

    脱毛テープ

    当サイト評価 ★☆☆☆☆
    仕上がり× 肌× 手間△ コスト△

    脱毛テープ はって剥がすだけのお手軽感はうれしいのですが、使用前にある程度わき毛を伸ばす必要があります。さらに、粘着力が足りないため、抜け残しが多く、結局他の方法で処理しなければいけないという意見も目立ちます。ワキに使用できない商品も多いので、オススメできる方法ではありません。

    ■10年間でかかるコストは?
    14枚入りのエピラット(脱毛テープ)が900円。週1回2枚使用で、1年だと約100枚。10年間で約1,000枚(72箱)
    10年間で、合計64,800円

    わき毛を生えなくする方法(脱毛)

    わき毛処理方法 > 剃る、カット  抜く  →脱毛  その他

    クリニック

    当サイト評価 ★★★★☆
    仕上がり◎ 肌○ 手間△ コスト○

    クリニック すべてのわき毛処理方法の中で最も高い脱毛効果が期待できます。 クリニックによって技術や料金に差がありますので、通う前にしっかりと下調べをする必要があります。無料体験や、キャンペーンを上手に利用したり、かかる費用をしっかりと比較して店舗を選ぶことで、コストを抑えることもできます。

    ■10年間でかかるコストは?
    湘南美容外科クリニックなら、両脇回数無制限で3,400円
    10年間で、合計3,400円(※他クリニックの場合、2~3万円かかる場合があります)

    家庭用脱毛器(フラッシュ)

    当サイト評価 ★★★★★
    仕上がり◎ 肌◎ 手間○ コスト○

    フラッシュ脱毛器自宅で気軽に脱毛(毛を生えてこなくする方法)することができますので、愛用者が年々増加しているムダ毛処理アイテムです。自宅で好きな時間にお手軽に脱毛できる、仕上がりがキレイといったメリットが多く、デメリットが少ない理想の方法だと思います。

    ■10年間でかかるコストは?
    ケノンは公式サイトで69,900円、電気代が年間で500円とすると、10年で5,000円。
    10年間で、合計70,000円(※全身に使う場合は、カードリッジ費用をプラスして計80,000円)

    家庭用脱毛器(レーザー)

    当サイト評価 ★★★★☆
    仕上がり◎ 肌○ 手間△ コスト○

    レーザー脱毛器脱毛効果はフラッシュ脱毛より高いと言われていますが、デメリットが多い脱毛方法です。ワキだけの使用であれば、痛み以外のデメリットは除外できますので、選択肢のひとつに入れていいと思います。

    ■10年間でかかるコストは?
    トリアは、定価54,800円。充電にかかる電気代は年間500円として10年間で5,000円。
    10年間で、合計59,800円

    脱毛サロン

    当サイト評価 ★★★★☆
    仕上がり◎ 肌◎ 手間△ コスト◎

    脱毛サロン 低価格化により利用者が急増して、今では最もメジャーな脱毛方法になりました。技術も進化しており、クリニックと大差ない脱毛効果が期待できるようです。格安でわき毛を脱毛できる店舗も多いため当サイトでもオススメしています。脱毛サロンによってプランや価格、方法が様々ですので下調べが大切です。

    ■10年間でかかるコストは?
    ミュゼなら両ワキ通い放題に、お好きな2ヶ所がついて400円。
    10年間で、合計400円

    その他のわき毛処理方法

    わき毛処理方法 > 剃る、カット  抜く  脱毛  →その他

    脱毛(除毛)クリーム

    当サイト評価 ★★★☆☆
    仕上がり○ 肌△ 手間△ コスト×

    脱毛(除毛)クリーム ムダ毛に塗るだけでOKなのでとても便利なアイテムです。美肌効果もある商品が多く、欠点がないように見えますが、毛が取り切れない、コストがかかるなど、他の方法に比べると劣る面もありますので、使用方法、注意点をしっかりと把握してから使用しましょう。

    ■10年間でかかるコストは?
    3,000円の脱毛クリームを、週2回の頻度で2ヶ月で1個なくなるとすると、1年間で18,000円。
    10年間で、合計180,000円(※さらにアフターケアが別途で必要)

    家庭用脱毛器(その他)

    当サイト評価 ★★☆☆☆
    仕上がり△ 肌△ 手間○ コスト○

    その他の脱毛器毛を抜くタイプや熱で焼き切るタイプの2種類あります。ワキにも使用できますが、賛否両論で意見が最も分かれる方法だと思います。使い方を間違えると危険だったり、価格が高いといったマイナスの評価も多いです。性能面ではフラッシュやレーザー脱毛器には劣りますので、高いお金を払うのであれば、他の脱毛器の資金にした方が無難だと思います。

    ■10年間でかかるコストは?
    熱線式、電動式の相場が30,000円で、寿命が約5年。
    10年間で、合計60,000円

    わき毛処理 経験者の意見(口コミ)やアンケート、体験談

    耳打ちする女性たち

    わき毛の処理方法について詳しくなっても、実際に自分で使ってみないとなかなかイメージできないですよね。

    当サイトでは、実際にいろいろな方法でわき毛処理している方の意見(口コミ)や、経験者のアンケートを掲載しております。

    今までの方法を続ける方も、他の方法を探す方もきっと参考になると思いますので、是非ご覧ください。

    色々なわき毛処理方法の
    経験者の意見(口コミ)

    わき毛を処理している女性の意見(口コミ)です。

    「カミソリ」「毛抜き」「電気シェーバー」「ワックス」「脱毛テープ」「脱毛クリーム」「フラッシュ脱毛器」「レーザー脱毛器」「その他の脱毛器」「脱毛サロン」「クリニック」の11種類の各処理方法のどんなところに満足していて、どんなところが不満なのかがよく分かります。

    20~50代の女性の
    ワキ毛処理アンケート結果

    20~50代の今現在もわき毛を処理している女性にアンケートにお答えいただきました。

    今までどんな方法を試して、今どんな方法でわき毛をお手入れしているのかにお答え頂きました。また、色々な処理方法のいいところと悪いところにもホンネでお答えいただきましたので、ご覧ください。

    当サイトでオススメしている「ケノン」「ミュゼプラチナム」「トリア」「湘南美容外科クリニック」「電気シェーバー」の5つの方法でもアンケートにお答えいただきましたので、是非参考にしてくださいね。

    実際に6つのワキ毛処理方法を
    試してみた(感想、体験談)

    電気シェーバー(トリマー)で3日に1回、夏場は毎日わき毛を処理している「コロコロ」さんが、新しい方法を求めて6つの自己処理方法を試しました。実際に試してみて感じたことや、他と比べてどうだったかなど、素直な感想を掲載しています。

    理想のワキ処理方法は、「脱毛」

    素敵な笑顔の女性

    色々なわき毛処理方法を比べてみると、ずっとキレイなままの脇でいるためには、お肌を傷つけない方法を選ぶことが大切ということが分かります。

    一番いいのは、処理しなくてもいいワキになることです。

    脱毛は、毛根の再生能力をなくして、わき毛を生えてこなくする方法ですので、脱毛が完了した後は、自己処理する必要がなくなります。

    実は、当ページの最初にある「▲キレイなワキの写真」は、「脱毛」した皆さんのワキの写真です。

    キレイなワキになって、その後も面倒な処理をしなくてすむのは、とても魅力的ですよね。

    しかも、脱毛はとても簡単

    大きく分けると、「自分でやる」「プロに任せる」の2つになります。

    自分で脱毛する

    自分で脱毛この方法のメリットは、自宅で、好きな時間に好きなだけ脱毛ができるところです。人に見られる心配もありませんし、お手軽感があります。最初に数万円の初期投資がかかってしまいますが、ワキ以外にも、Vラインなど人に見られるのに抵抗がある部位が脱毛し放題になりますので、コスパは高いと思います。

    当サイトのイチオシは
    「ケノン」

    フラッシュ脱毛器「ケノン」は、性能面では文句なしの一番。口コミ評価もかなり高く、家庭用脱毛器の中でダントツの人気を誇っています。最近では、家でこっそり全身の脱毛を完了してしまう「自宅脱毛女子」もとても多いようです。

    プロに脱毛してもらう

    プロの脱毛この方法は、脱毛サロンに定期的に通って脱毛する方法です。最近はワキのキャンペーンをしているサロンも多いので、たった数百円でワキの脱毛が完了するまで通い放題も珍しくありません。かかるお金が安すぎて逆に心配になるかもしれませんが、経験者の意見をみても、勧誘された口コミはあまりありません。

    当サイトのイチオシは
    「ミュゼプラチナム」

    特に、当サイトでオススメしているミュゼは、「ワキ+Vライン通い放題+お好きな3部位」で360円です。店舗数、会員数ともに、脱毛サロンの中ではかなり多く、勧誘もないので安心です。最近では、口コミ評価の高さから通う人が急増していて、脱毛といえばミュゼと言うほど知名度がアップして、利用者が急増しています。

    まとめ・考察

    ワキが綺麗な女性

    色々なわき毛処理方法を比べてみると、ずっとキレイなままの脇でいるためには、お肌を傷つけない方法を選ぶことが大切ということが分かりますね。

    しかし、体験談やアンケートをみると、お肌に負担がかかる方法でワキを処理していても「私は大丈夫!」と、満足している女性も少なくありません。

    女性は皆、ずっとキレイなワキでいたいと思って当然ですよね。
    でも、キレイな人と、そうでない人がいるのが現実
    です。

    今は大丈夫でも、長く続けると汚い脇になって後悔してしまう可能性がありますので、今の方法で本当に大丈夫なのかを、もう一度考えてみることも大切だと思います。

    当サイトでは、色々なわき毛処理方法の特徴や注意点、正しい使用方法を紹介しておりますので、今ご自身でなさっている処理方法のページや、他の方法のページを参考にして、なるべくお肌に負担をかけないようなワキの処理を心がけてください。そして、いろんな方法を比較して、是非、自分にベストなわき毛処理方法を見つけましょう。

    美ワキなびTOP 関連ページ