脱毛(除毛)クリームでわき毛処理のメリット・デメリット、手順、注意点

当サイト評価 ★★★☆☆3

  • 仕上がり○
  • 肌△
  • 手間△
  • コスト×
  • 脱毛クリーム

    脱毛クリームとは、肌に塗るだけでわき毛を簡単に処理できるムダ毛処理アイテムです。

    肌に塗ってむだ毛を処理するというところは脱毛ワックスに似ていますが、毛を接着させて物理的に毛を抜きとるワックスに対し、脱毛クリームはチオグリコール酸カルシウムという特殊な成分で毛を溶かして処理するところが特徴です。

    毛を溶かすと聞くと、ちょっと怖い気がしますよね。でも、美容成分が入っていて逆に肌にいいという商品や、それでも肌に悪影響という意見が入り交じって賛否が分かれているのが実状です。

    具体的にどのようなメリット・デメリットがあるのか、処理の手順も合わせて紹介しますので参考にしてください。

    脱毛(除毛)クリームのメリット

    脱毛クリームのメリット

    脱毛クリームのメリットは、使いやすさと仕上がりの良さに加え、美肌効果も期待できる商品があるところです。

    たった5分で処理できる

    脱毛クリームに含まれるチオグリコール酸カルシウムは即効性が高く、脇の下にまんべんなく塗った後、3~5分程度でわき毛を溶かすことができます。

    溶かした後はクリームを洗い流すだけでOKなので手間も時間もかからず、わき毛処理を時短したい方にぴったりです。

    肌がチクチクしない

    カミソリで剃ったわき毛は先端がとがってしまうため、新たに毛が生えてきた時、肌がチクチクしてしまいます。

    一方、脱毛クリームは毛を溶かして先端を丸くしてくれるので、新しく毛が生えてもチクチクせず、なめらかな肌触りをキープできます。

    美肌効果もある

    市販されている脱毛クリームには、美肌成分が配合されている商品も多いです。成分は商品によって違いますが、使うたびにスベスベのなめらか肌を実感できると明記しているクリームもありますので、キレイなワキを目指すならとてもうれしいポイントですね。

    ただし、毛を溶かす性質上、たとえ美肌成分が含まれていても肌に悪いという意見もあることも頭に入れておくといいと思います。

    脱毛(除毛)クリームのデメリット

    脱毛クリームのデメリット

    脱毛クリームは脱毛と美肌を両方実感できる一石二鳥のアイテムとも言えますが、他の処理方法に比べてやや劣る面もあります。

    毛が再び生えてくる

    脱毛と名がついてはいますが、毛根の再生能力をなくす「脱毛」ではありませんので、カミソリや毛抜きと同じように、しばらく経つとまた新しい毛が生えてきてしまいます。そのため、ツルツルなワキをキープするためには、継続してつかう必要があります。

    残った毛の処理が必要

    脱毛クリームで生えている毛が100%無くなるわけではありません。使用後にまばらに残ってしまうこともあります。そのため、残ってしまった毛は別の処理方法で処理する必要があります。

    コストがかかる

    脱毛クリームの値段は1本あたり2000円台~3000円台ですが、生えてくる度に使わなければいけないので、意外とはやくなくなります。たとえば、週2回の頻度しようすると、1年間でおよそ18,000円。 10年間で考えると、約180,000円もかかる計算になります。

    脱毛(除毛)クリームの処理の手順

    処理の手順

    脱毛クリームの使用手順は単純なので、まったくの初心者でも簡単にわき毛を処理できます。

    1.クリームを塗る

    脱毛クリームを適量手に取り、脇の下にまんべんなく塗っていきます。わき毛が隠れるくらいの量が目安です。

    2.規定時間だけ放置する

    脱毛クリームの取扱説明書に記載されている時間が経過するまで放置します。およそ3~5分程度が目安です。

    3.毛のなくなり具合をチェック

    規定の時間だけ放置したら、クリームの一部を取り除いて、ちゃんと毛がなくなっているかチェックします。もし毛が残っていた場合は、さらにもう少し放置しますが、お肌のことを考えると、長くても規定時間の2倍を超えない範囲にとどめましょう。

    4.クリームを洗い流す

    最後に水またはぬるま湯できれいに洗い流して終了です。

    脱毛(除毛)クリームの処理で注意するポイント

    注意

    脱毛クリームを使う上で注意するポイントは3つあります。

    まずはワキに使用できるかしっかり確認

    わきの下の皮膚はデリケートなため、使用できない商品も多くあります。その商品がワキにつかえるかどうかの説明をしっかり読んでから選ぶことが大切です。

    髪につかないようにする

    脱毛クリームは毛のタンパク質を溶かすはたらきを持っているので、髪に付着すると髪の毛が溶けてしまいます。もし髪についてしまったら、すぐに水かぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。

    洗いすぎに注意

    最近の脱毛クリームには、脱毛後の肌を保湿・保護する美容成分が含まれています。そのため、最後の仕上げでは、石けんを使ったりボディタオルでこすったりせず、水かぬるま湯で洗い流すだけにしましょう。

    脱毛クリームでわき毛処理した人の意見(口コミ)

    意見(口コミ)

    口コミ・体験談

    肌にやさしいという評判を聞いて購入してみました。実際、肌に刺激がなく、使用後の肌トラブルもなく、とても使いやすかったです。塗って10分くらい待つだけでとてもツルツルになりました。脱毛力もなかなかなので、はまってしまいました。


    クリームをたっぷり塗れば一度でもかなりきれいに処理できますが、クリームをケチって薄めに塗るとまばらな仕上がりになってしまいます。使用感もマイルドなので満足しているのですが、コストパフォーマンスはあまり良くなさそうです。


    伸びのよいクリームで、使い心地はとてもいいです。ただ、毛穴につまった毛が残ってしまうので、1回ではうまく処理できません。脱毛後はお手入れがいらないくらいスベスベになるので、もうちょっと除毛力があれば・・・と思ってしまいます。

    脱毛クリームの口コミ まとめ

    脱毛クリームにはさまざまな商品がありますが、使い心地や脱毛力については以下3つのポイントに意見が集中しています。

    使いやすい

    クリームを肌に塗るだけという手軽さに感動したという意見が大多数を占めていました。クリームそのものも伸びがよく、ストレスなく使えるところが人気を集めています。

    肌がすべすべになる

    脱毛クリームのほとんどには保湿成分が配合されているため、脱毛後に乾燥する心配もなく、むしろ肌がすべすべになったという喜びの声が寄せられていました。

    コストパフォーマンスが良くない

    脱毛クリームはかなり厚塗りしないと脱毛効果が半減してしまうため、たっぷり入っているように見えても、実際は数回使うとなくなってしまうところが不満点として挙がっていました。

    脱毛クリームの口コミ 考察

    脱毛クリームの体験談の中で最も評価されていたのが美肌効果です。クリームを塗って数分後に洗い流すと、アフターケアがいらないほど肌がすべすべつるつるになるので、使用後の肌触りの良さに感動してやみつきになってしまうという意見も多く見られました。

    ただ、使用後にヒリヒリするという意見もあることから少なからずお肌への負担もあるようです。特に、ワキに使用できない脱毛クリームは絶対に使わないようにしましょう。

    ワキに使用できるクリームでも、使用後のお肌を入念に観察して、少しでも異常があればすぐに使用を中断するということを心がける必要がありそうです。

    肝心のわき毛処理効果については、クリームをたっぷり塗れば毛根まで処理できるという意見がほとんどでしたが、そのぶん1度に使用するクリームの量が多くなるため、コストパフォーマンスは低くなってしまいます。

    そのため、脱毛クリームは節約重視の方にはあまりおすすめできませんが、わき毛の処理と一緒に荒れた肌をケアしたいという方には一石二鳥の便利グッズと言えるでしょう。

    人気脱毛クリーム調査

    人気の脱毛クリームを調査して、特徴や価格、購入方法、口コミなどを紹介します。(※リンクをクリックすると、サイト内の商品詳細ページへ移動します。)

    パイナップル除毛クリーム

    パイナップル除毛クリームワキに使用できない脱毛クリームがある中で、パイナップル除毛クリームは肌にやさしい除毛成分を配合。ワキにも安心して使用できます。

    嫌なにおいがなく、使いやすいことから多くの方に選ばれているクリームです。

    リピーターも多く、シリーズ累計で280万本以上の販売数で、雑誌などの多くのメディアに取り上げられる大人気商品です。

    D.レジーナ・エピ・プレミアム

    D.レジーナ・エピ・プレミアムワキはもちろん全身に使える人気脱毛クリームです。

    保湿成分がたっぷり配合されていますので、除毛しながらお肌にしっとりうるおいを与えてくれます。

    ピンクグレープフルーツの香りで、脱毛クリーム特有の嫌な匂いもありませんので、匂いを気にすることなくどこでも使用できます。

    脱毛クリームでわき毛処理 関連ページ