家庭用脱毛器でワキ毛脱毛

家庭用脱毛器家庭用脱毛器とは、その名の通り、自宅で手軽に使える脱毛器のことです。

つかう度に、どんどん毛が生えてこなくなる「脱毛」ができますので、最終的に処理する必要がなくなります。(※フラッシュ、レーザーの場合)

これまで、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛などの本格的な脱毛は、クリニックや脱毛サロンなどに行かなければ施術できないプロの技として認識されてきました。しかし、近年はコンパクトサイズに改良されたレーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器が市販されるようになり、素人でも自宅で脱毛できるようになりました。

クリニックや脱毛サロンで使用している機種に比べるとパワーは見劣りしますが、わざわざサロンに通わなくても脱毛効果を実感できるという利便性が人気を呼んでいます。

自宅でこっそり脱毛したい人にはぴったりの商品です。特に、人に見せるのが恥ずかしいと考える人が多い「わき毛処理」や「VIO処理」などに利用する方が増えています。

それでは、家庭用脱毛器の種類や特徴をごらんください。

レーザー脱毛器

当サイト評価 ★★★★☆4
仕上がり◎ 肌○ 手間△ コスト○

「脱毛」ができる家庭用脱毛器として、最初に開発・販売されたのがレーザー脱毛器です。

毛のメラニン色素に反応する特殊なレーザーエネルギーを照射し、肌の上からでも皮膚の下にある毛根にダメージを与えることができます。

レーザーエネルギーの威力はとても強いので、比較的短期間で脱毛効果を実感できますが、その反面、肌への負担が大きく、痛みも強い傾向にあります。

今は、フラッシュ脱毛器が主流ですので、日本で販売されている商品は1、2種類しかありません。

フラッシュ脱毛器

当サイト評価 ★★★★★
仕上がり◎ 肌◎ 手間○ コスト○

現在、最も売れている家庭用脱毛器です。キセノンランプを光源として採用しており、脱毛に適した波長の光を照射することで、毛根にダメージを与えます。

おおよその仕組みはレーザー脱毛器と同じですが、大きな違いはレーザーよりも肌に与える負担が少ないのが特徴です。そのぶん痛みも少ないので、ストレスなくわき毛を処理できます。

また、光の波長を変えればスキンケアにも活用でき、美顔器としても使える女性にうれしい一石二鳥のアイテムとなっています。

その他の脱毛器

当サイト評価 ★★☆☆☆2
仕上がり△ 肌△ 手間○ コスト○

家庭用脱毛器は上記2種が主流となっていますが、そのほかにも、サーミコン式脱毛器や、電動毛抜きタイプの脱毛器なども販売されています。ただし、これらは毛を一時的に処理する脱毛器ですので、レーザーやフラッシュのような脱毛効果はありません。

サーミコン式脱毛器

サーミコンと呼ばれる熱線を採用した脱毛器です。熱線がむだ毛をカットし、さらに熱処理を加えて毛先を丸めてくれるので、なめらかな肌触りに仕上がります。

ただ、毛が燃える時に嫌なニオイが出るので、使用場所やタイミングと選ばなければいけないことが難点です。また、使い方によっては肌にやけどを負ったり、肌荒れしてしまう可能性があるところも問題視されています。

電動毛抜きタイプの脱毛器

電動回転するディスクで毛をはさみ、毛根から引き抜くタイプの脱毛器です。手動の毛抜きに比べ、肌を押さえながらわき毛だけをすっと引き抜くので、痛みが少ないところが特徴です。しかし、毛を抜く処理であることには変わりありませんので、肌への負担はマイナスポイントです。

脱毛効果もカミソリに比べれば長持ちしますが、毛根そのものを処理するわけではないので、時間が経てば再びわき毛が生えてきてしまいます。

家庭用脱毛器でワキ毛処理 関連ページ