そもそも脱毛って?

脱毛したワキ

脱毛とは毛の再生能力をなくし、生えなくする方法です。
脱毛が完了すると、ムダ毛を処理する必要がなくなります。

脱毛のメリット

ワキがキレイになる

脇が汚くなるのは、カミソリなどの自己処理による肌への刺激が原因です。脱毛が完了すれば、自己処理する必要がなくなりますので、肌はキレイになります。

処理の時短

今までわき毛処理にかけていた時間を別のことに使えるようになります。

お金を節約できる

脱毛で毛が生えてこなくなると、自己処理グッズにかかるお金はもういりません。

脱毛の種類

フラッシュ脱毛、レーザー脱毛、針脱毛の3種類があります。

フラッシュ脱毛

光を照射して毛乳頭にダメージを与えて毛の再生能力をなくす方法です。光脱毛やIPL脱毛とも呼ばれます。

広範囲を一度に脱毛できるので時間がかからないことと、肌へのダメージが小さいメリットがあり、今の脱毛の主流となっています。

レーザー脱毛

単一波長の光を照射することで、光脱毛よりも強いパワーで毛乳頭にダメージを与えます。脱毛力が高い反面、照射範囲が小さいので、時間がかかります。また、薄い色の毛には反応しにくいデメリットもあります゚。

ニードル脱毛

毛穴に電気針を直接差し込んで電気を流すことで、毛乳頭に大きなダメージを与えることができます。脱毛の中では、もっとも脱毛力が高いことで知られていますが、デメリットも多いため、最近ではあまりこの方法は見かけなくなりました。

脱毛で注意すること

脱毛は毛の黒い色に反応しますので、毛を抜いたり、脱色したり、染めたりすると効果がなくなってしまいます

また、日焼けで肌が黒くなると、皮膚にもダメージを与えてしまいますので、脱毛はできません。ほくろがある箇所も同じ理由で脱毛できませんので予めチェックしておく必要があります。

ワキ脱毛にかかる費用

費用

脱毛サロンのキャンペーンなら1,000円以内で脱毛ができます。通い放題ですので、1年間通い続けても同じ金額です。すでに数百円で脱毛が完了した人もたくさんいらっしゃいます。

家庭用脱毛器の場合は、初期投資に3~7万円ほどかかります。購入した後は脱毛し放題で維持費がかかりません。ワキ以外も好きな時間に好きなだけ脱毛し放題なので人気が高いです。

脱毛クリニックはピンキリですが、3,000円程度でワキ脱毛ができるところも増えています。費用はクリニックによって大きく変わりますので、下調べは怠らないようにしましょう。

ワキ脱毛にかかる期間

脱毛は1回では終わりません。

私たちのわきに生えている毛は、毛周期に合わせて生えては抜けてを繰り返しています。

今生えているワキ毛は、「成長期」の毛で、全体のわずか30%程度です。残りの70%のワキ毛は、「休止期」「退行期」の毛で、皮膚の中で次に生える時を待っています。

脱毛は、「今生えている毛(成長期の毛)」にしか効果がありませんので、次に新しい毛が生えてきたときは、再度脱毛する必要があります。

目安としては2~3年に一度脱毛して、約2年ほどで脇に生えているすべての毛の脱毛が完了します。

長く感じるかもしれませんが、2~3年後にわき毛がいきなり生えてこなくなるわけではなく、脱毛の課程ではえてくるワキ毛がどんどん減っていき、密度がどんどん薄くなっていきますので、処理が脱毛の回数に比例して楽になっていきます。

人によっては1年でもほとんど生えてこない状態になります。

ワキ脱毛の方法

ワキ脱毛の方法

脱毛サロン

脱毛サロン今一番人気が高い脱毛方法です。ワキだけならたった数百円で脱毛できるサロンも珍しくない時代になりました。
勧誘されるか心配なところですが、最近は公式サイトに「強引な勧誘はしません」とはっきり明記しているところもありますので安心です。

ほとんどのサロンがフラッシュを採用しています。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器脱毛サロンに追いつけ追い越せとばかりに、価格・性能共に申し分ないレベルにまできています。家で自由に脱毛できるお手感と、全身脱毛できるお得感で、若年齢にも利用者が急増しています。

フラッシュ脱毛器が圧倒的人気です。

脱毛クリニック

脱毛クリニック高出力の医療用レーザーで、短期間で高い脱毛効果が期待できます。

価格はサロンに比べると高いですが、ワキだけなら、かなり低価格化しています。

わき毛の知識 関連ページ