年齢別のわき毛処理事情

母親と娘現在は子供の頃からおしゃれをするのが当たり前の時代です。

当然のように小・中・高校生といった低年齢層もわき毛処理に興味を持ち始めるようになりましたね。

ただ、成長途上にある子供は肌が弱く、デリケートなので、大人と同じ方法では肌荒れなどのトラブルを起こす可能性があります。

また、現在の親世代は子供の頃にわき毛処理をした経験がない人がほとんどなので、子供がわき毛処理で悩んでいてもどう対応すれば良いかわからないという声も聞こえてきます。

では、現代のわき毛処理事情は一体どうなっているのでしょうか。

小学生のわき毛処理

小学生わき毛が生えてくる時期は一般的に12~13歳頃と言われていますが、現代の小学生は発達が早いため、小学校高学年からすでにわき毛が生え始める子が増えています。

この頃はまだわき毛の量も少ないのでさほど目立つわけではありませんが、薄着になる季節やプールの授業などでは脇を露出する機会も多いので、わき毛の悩みを抱える子は決して少なくありません。

特にこの時期はわき毛が生えている子、生えていない子の差が大きいので、まわりに言えず、人知れず悩んでいる場合も多いので、親がさりげなく教えたり、注意してい見ていることが大切です。

中学生のわき毛処理

小学生中学生になると、ほとんどの子供にわき毛が生えてくるようになりますが、デリケートな問題なので友達同士で相談し合うことも少なく、やはり一人で悩んでいる子がほとんどです。

ただ、この頃になるとカミソリの扱い方なども覚え始めるため、知らないうちにカミソリで処理していたり、毛抜きを使って処理していることもあります。

カミソリや毛抜きは、中学生にとっては人知れず処理できる貴重な方法と言えますが、肌への負担も大きいので、無理な使い方をしていないか定期的にチェックすることをおすすめします。

高校生のわき毛処理

小学生高校生にもなると自己処理するのが当たり前となり、ほとんどが何らかの方法でわき毛の処理をしています。

この頃になると、友達同士で話し合ったり、ネット検索などでさまざまな方法があることを知ることができるので、カミソリや毛抜きだけでなく、脱毛クリームやワックス脱毛を利用する子も増えてきます。

ただ、自由に使えるお金が少ない高校生の場合、カミソリや毛抜きに頼るケースは依然として多く、肌トラブルを起こす子供も急増し始めます。

15歳を超えると保護者同意のもと、脱毛サロンに通うことも可能になるので、肌トラブルが悪化する前に親が適切な方法をアドバイスしたり、提案したりするのがベストな方法と言えるでしょう。

成人女性のわき毛処理

成人女性成人女性になると、わき毛が太く、量も多くなっています。

高校生の時は薄かったのに、今では・・なんて人も多いようですね。

そのため、それまでの処理方法ではムダ毛が目立つようになり、新しい方法を見つけたいと考える人も多いと思います。

学生の時よりは経済力がありますので、昔は手が出なかった「脱毛」をする人も増えている傾向にあります。

年齢別のわき毛処理 関連ページ