高校生のわき毛処理

高校生

高校生になると、男子はともかく、女子はほとんどの人がわき毛処理を始めるようになります。

高校生は中学生に比べてお小遣いが増える上、人によってはアルバイトもし始めることからお金にある程度自由がきくようになり、そのぶんわき毛処理方法の選択肢も増えてきます。

また、自分でわき毛処理方法をネット検索したり、友達同士で相談したりして情報を集めるようになるので、親のサポートはあまり必要なくなります。

ただ、近年は多種多様なわき毛処理方法があるため、どの処理方法を選べば良いのか悩んでいる高校生もいます。

高校生のわき毛処理事情 みんなはどうしてる?

考える高校生

高校生になると、大半がわき毛の処理をしています。

一昔前までの高校生ならカミソリや毛抜きがわき毛処理の定番でしたが、現在は脱毛クリームや除毛ワックス、エステサロンなど大人顔負けの方法で脱毛している高校生が増えています。

その理由のひとつが、インターネットの普及です。最近はスマートフォンを持っている高校生が多く、インターネットで欲しい情報をすぐに検索できるため、わき毛の処理方法が数多く存在することを知っているのです。

中にはインターネットショッピングを利用し、近場では手に入らない脱毛クリームやワックスなどを購入し、自宅で処理している高校生も存在します。

ただ、リスク管理能力についてはまだまだ未熟なところがあるため、いざ肌トラブルを起こしてしまうとどうしたらいいかわからず、不安や悩みを抱えてしまうというケースが問題となっています。

高校生のわき毛処理、親の対処法

高校生の親子

高校生ともなると、小学生や中学生に比べて知識も行動力もついてくるので、親には話さず自己処理する子が大半を占めます。

そのため、親の出番はないように思えますが、実はある程度行動力、経済力のある高校生だからこそトラブルリスクも高い傾向にあるので、親のチェックは必要と言えるでしょう。

では、具体的に親はどのような点に注意すればよいのでしょうか?

日頃の様子をチェックする

わき毛処理で何らかの肌トラブルが起こっている場合、洋服が脇にすれて痛みを感じたり、かゆみを発症する可能性があります。

そのため、日常生活の中で、脇を気にしているようなそぶりが見られたら要注意。肌トラブルは放置していると悪化し、ひどい場合は傷口が化膿したり、跡が残ってしまうおそれがあるので、様子が変だと思ったら単刀直入に切り出してみましょう。

脱毛サロンの利用をアドバイスしてみる

女性の場合、高校生になると成長も落ち着いてきて、新たに毛穴が増えてくる可能性は少なくなります。

そのため、脱毛サロンでも15~16歳以上になると脱毛サービスを解禁しているところが多く、高校生からフラッシュ脱毛でわき毛処理している人は年々増え続けています。

ただ、脱毛サロンでは安全上、未成年の処理には保護者の同意を必要とするところがほとんどで、高校生が一人で脇脱毛することはできません。

それでも高校生から親に脱毛サロンで処理したいという話はしにくいので、わき毛処理で悩んでいる様子を見かけたら、親から積極的に脱毛サロンでの施術を提案してみてもよいでしょう。

高校生のわき毛処理方法

高校生の処理方法

高校生になると小・中学生に比べると肌も丈夫になってくるので、さまざまなわき毛処理方法を試せるようになります。

脱毛クリーム、抑毛ローション

当サイト評価 ★★★☆☆3

仕上がり○ 肌△ 手間△ コスト×

小・中学生でも利用できる脱毛クリームや抑毛ローションは、高校生になっても安心・手軽に使えるアイテムとして人気を誇っています。

ただ、高校生が毎日のお手入れに使用するにはやや値段が高いので、特別な時だけに使用するなど、シーンによって使い分けているという口コミも多く見られます。

電気シェーバー

当サイト評価 ★★★★☆4

仕上がり△ 肌◎ 手間○ コスト◎

電気シェーバーの値段はピンキリですが、安い物なら2000~5000円程度で購入できるので、高校生でも手が届きやすいアイテムとして人気を集めています。

T字カミソリや毛抜きに比べると肌へのダメージも少ないので、親に知られずにこっそり処理したいという高校生にとって最もスタンダードな処理方法と言えるでしょう。

脱毛ワックス、脱毛シート

当サイト評価 ★★☆☆☆2

仕上がり○ 肌× 手間△ コスト×

高校生になると脱毛ワックスや脱毛シートでわき毛処理を始める人も増えてきます。

一回あたりの価格がリーズナブルで、しかも即効性があるので、電気シェーバーを買うお金はないけど、今すぐ脇をケアしたい!という高校生にとって魅力的なアイテムと言えます。

ただ、毛が太い傾向にあるわき毛は、しっかりと伸ばさないときれいに抜けません。そのため、思春期まっただ中の女子高生には使用の機会が少ないかもしれません。また、電気シェーバーに比べて肌への刺激が強いので、ひんぱんに処理すると肌トラブルの原因になる可能性もありますので、オススメはできません。

脱毛して生えなくする

当サイト評価 ★★★★★5

仕上がり◎ 肌◎ 手間△ コスト◎

未成年者OKの脱毛サロン

女子高校生最近の高校生にとって最もポピュラーな方法となりつつあるのが、脱毛サロンです。

フラッシュ脱毛を導入している脱毛サロンの多くは、15~16歳以上からフラッシュ脱毛の利用を許可しているところが多く、高校入学と同時にわき毛処理を始める女子高生が急増しています。

・とにかくキャンペーンが格安

サロン側もその点を考慮し、学生向けの割引サービスを実施したり、特に人気のあるわき毛脱毛を500円以下で提供するキャンペーンを行うなど、格安料金での脇脱毛に力を注いでいます。

唯一、保護者の同意が必要というネックはありますが、カミソリや毛抜きで肌トラブルを起こすよりは安全という見方が強まっていることから、むしろ親が積極的に脱毛サロンの利用を勧めるケースも増えています。

・無料カウンセリングは未成年者でも親の同伴の必要なし

ちなみに、人気サロンのミュゼプラチナムの場合は、未成年者(16~19歳)でも、無料カウンセリング時に親が同伴する必要はありません。キャンペーンを利用する場合は、親の署名・捺印がある親権同意書があれば、当日契約が可能です。

しかし、実際に内容を聞いてみないと分からないことも多いと思いますので、まずは無料カウンセリングを一人で受けて、親と相談して、次回来店時に親権同意書を提出するのがいいかもしれませんね。

家庭用脱毛器

また、最近では、家庭用脱毛器も人気が高いです。自宅にいながら気楽に脱毛できるのはうれしいポイントですし、脱毛サロンと同じような効果が期待できます。維持費はほとんどかからなくて経済的ですが、最大の難点は初期投資です。本体価格が数万円しますので、高校生では購入が難しいかもしれません。

兄弟や親子、友人と本体を共有することで初期投資を抑えることも可能ですので、わき毛処理で悩んでいるのであれば、一度親に相談してみるのもいいかもしれません。

高校生のわき毛処理 関連ページ