小学生のわき毛処理

小学生

現代は昔に比べて女子小学生の美意識が確実に高くなっており、服やアクセサリーはもちろん、ヘアスタイルやメイク、ネイルなど大人と変わらないファッションを楽しむようになりました。

それにともない、わき毛処理に興味を持つ小学生が増えていますが、その一方で人知れず悩みを抱える子供も多く、親が対応に困るケースも報告されています。

では、わき毛の処理に悩む小学生にはどう対応すればよいのでしょうか?

現代の小学生のわき毛処理事情 みんなはどうしてる?

考える小学生

現代の小学生は昔に比べて情報を入手する媒体が多く、小学生向けのファッション雑誌やインターネットなどでわき毛処理方法を調べることができます。

そのため、実際にわき毛が生えてくると、カミソリや毛抜きを使って手っ取り早く処理したい!と考えるようになりますが、親世代が子供の頃は脱毛という手段そのものがめずらしく、まして子供が処理するという発想がなかったため、「小学生がわき毛の処理なんて早い」と頭ごなしに否定されてしまうことがあります。

そこで子供は一度わき毛の処理をあきらめてしまいますが、わき毛がコンプレックスになって消極的になってしまったり、友達からわき毛を指摘されて嫌な思いをするなど人知れず悩みを抱えてしまうおそれがあるため、近年は小学生のわき毛処理問題はないがしろにすべきではないという見方が強まっています。

最近では、小学校の高学年にもなると、ワキのお手入れを欠かさないという女の子がとても増えています。まわりが処理しているのであれば、やはり同じように処理するほうがいいと思います。

小学生のわき毛処理、親の対処方法

小学生の親子

ある程度行動力がついてくる中学生や高校生とは異なり、小学生はわき毛の処理方法は知っていても、なかなか行動に移しにくいという難しい年頃と言えます。

そのため、子供が高学年にさしかかったら、親は以下のポイントに注意し、一緒にわき毛の問題を考える姿勢を見せることが大切です。

子供の体をチェックする

最近の小学生は体の発育がいいので、早い子は小学校5年生頃からわき毛が生え始めます。

この頃になるとお風呂も一人で入るようになるケースが多いので、子供の体の変化も気づきにくくなりますが、高学年になったらわき毛が生えてきたかどうか定期的に観察してみましょう。

さりげなく話題にする

もしぱっと見てわき毛が生えていることがわかったら、当人も気づいている可能性は大。わき毛に気づきつつ、どうしたらよいか悩んでいることも考えられます。

ただ、ストレートに聞くと恥ずかしがって答えにくいこともあるので、子供のわき毛に気づいたら、まずは学校のプールの授業について聞いてみるなど、わき毛について悩んでいないかどうかさりげなくチェックしてみましょう。

もしわき毛を気にしていたら、子供の方から「実は・・・」と悩みを切り出してくるので、そのときは軽く流したりせず、真剣に相談に乗る姿勢を見せることが子供のコンプレックス解消につながります。

小学生のわき毛処理方法

小学生のわき毛処理方法

小学生の肌はデリケートなので、選べるわき毛処理方法は限られています。

脱毛クリーム・抑毛ローション

当サイト評価 ★★★☆☆3

仕上がり○ 肌△ 手間△ コスト×

肌に塗るだけでわき毛を処理できるクリームまたはローションのことです。カミソリのように直接刃物を肌に当てることがないので、デリケートな肌にも安心して使えます。

ただ、脱毛クリームに含まれているチオグリコール酸カルシウムは、成分の配合量によっては肌に刺激を与えてしまう可能性があるので、初回使用時は十分注意しましょう。

もし脱毛クリームで肌荒れを起こしてしまった場合は、抑毛効果のある天然成分を配合した抑毛ローションなどを使用すると、肌への負担を最小限に抑えることができます。

難点としては、ずっと使い続けるにはコストが高すぎるので、経済的負担が大きいところです。

かかるお金

脱毛クリームを約3,000円、週2回の頻度で2ヶ月間使えると考えると1年間で18,000円
10年間で、合計180,000円
(※アフターケア代金は別に必要)

電気シェーバー

当サイト評価 ★★★★☆4

仕上がり△ 肌◎ 手間○ コスト◎

T字カミソリは肌への負担が大きいのでNGですが、電気シェーバーであればダメージを抑えつつ、わき毛を処理することができます。

ただ、肌へのダメージはゼロではないので、短期間でひんぱんに使用するのは避けた方が無難です。

かかるお金

電気シェーバー本体を約5,000円と考えて、1年間で5,000円、10年で10,000円です。
5年間で2回替刃を交換すると考えると、10年間で替刃代が8,000円。
トータル金額は10年間で、合計18,000円

キッズ脱毛

当サイト評価 ★★★★★5

仕上がり◎ 肌◎ 手間△ コスト◎

サロンやクリニックでの脱毛には年齢制限があり、ほとんどの場合、15~16歳以上にならないと脇脱毛を受けることはできません。

ただ、最近は低年齢向けのキッズ脱毛を提供しているところも多く、小学生でも肌への負担が少ないフラッシュ脱毛を受けることができます

かかるお金

小学生OKの脱毛サロンなら、1年間で約500円(小学生は脱毛6回制限や、その他の条件があるサロンもあります。)

かなりお得!一番のオススメは脱毛サロンのキッズ脱毛

オススメ方法

小学生で脱毛と聞くと、親としてはどうしても「早すぎるんじゃないか」「危ないんじゃないか」と疑問に思ってしまいますよね。

でも、最近は脱毛サロンに通っている小学生はたくさんいます。

大手脱毛サロンの「エピレ」や「ミュゼプラチナム」の場合は、たった400円程度で本当に脱毛が出来てしまいます

ただ、親の同席が必須だったり、生理が来ていることが条件だったり、6回までの制限があったりと、脱毛サロンによって条件に違いがあります。

親権者の方で、このページをご覧になっている方も多いと思います。すでにワンコインのみで脱毛を済ませている小学生もたくさんおられますので、一度お子さんのためにも脱毛サロンについて詳しくご覧になってみるのもいいと思います。

小学生のわき毛処理 関連ページ