中学生のわき毛処理

中学生

中学生になると第二次成長が始まり、男の子も女の子もわき毛が生えてくるようになります。

男子の場合、成長の証としてむしろ誇らしく思うケースもあるようですが、女子の場合はわき毛は「むだ毛」でしかなく、コンプレックスを感じるようになります。

実際、10代の子供にむだ毛についてのアンケート調査を行ったところ、露出の多い足や腕に次いで「脇の毛が気になる」と答えた子が多く、全体の2割近くを占めたという結果が報告されています。

ただ、小学生同様、わき毛に悩みつつ処理方法がわからないと悩んでいる子供はまだまだ多い傾向にあります。

中学生のわき毛処理事情 みんなはどうしてる?

考える中学生

中学生になるとほぼすべての子供にわき毛が生え始めるため、自己処理し始める子も増えてきます。

ただ、中学生が自分でできる処理方法には限りがあるため、この時期は手軽でお金がかからないカミソリや毛抜きによる処理が主流となっています。

それでも、刃物を扱うことに不安を感じる子供や、毛抜きの痛みに耐えられず、処理したくてもできないという子は少なくありません。

また、思春期特有の反抗心が芽生える中学生では、親に相談しにくいという側面もあり、悩みが根深くなっているケースも増えています。

中学生のわき毛処理、親の対処方法

中学生の親子

難しい年頃の中学生ですが、自分一人でできることには限界があるので、以下のポイントをふまえ、親が適切にサポートしましょう。

自身の体験談を話す

中学生の場合、わき毛が生えてきたことを恥ずかしがって親に言えず、一人で悩んでいるケースが多々あります。そのため、親はまずわき毛処理について子供と話し合える雰囲気を作ることから始めましょう。

切り出し方はいろいろありますが、最も手っ取り早いのは、自身の体験談を話すこと。「お母さんもあなたくらいの頃はわき毛に悩んでいた」という話をすれば、子供は自分だけではないんだという安心感から、悩みを話しやすくなります。

自己処理の危険性を伝える

中学生になると、親に隠れて自宅にあるカミソリや毛抜きなどで自己処理している可能性もあります。

確かに中学生にとって、カミソリや毛抜きは手軽に処理できてお金もかからず、親にもバレにくいというメリットがありますが、繰り返し処理すると肌あれしたり、脇が黒ずんだり、肌にブツブツができてしまうなどトラブルのリスクも高くなります。

ただ、頭ごなしにダメと注意すると反発されてしまうので、なぜカミソリ・毛抜きを使った自己処理はいけないのか。ちゃんと理解できるようくわしく説明し、その上でわき毛を安全に処理できる方法を一緒に考える姿勢を見せることが大切です。

中学生のわき毛処理方法

中学生のわき毛処理方法

中学生は第二次性徴まっただ中でホルモンバランスが安定しておらず、肌トラブルを起こしやすい傾向にあるので、お肌に負担をかけないわき毛処理方法を選ぶようにしましょう。

脱毛クリーム、抑毛ローション

当サイト評価 ★★★☆☆3

仕上がり○ 肌△ 手間△ コスト×

毛のタンパク質を溶かす脱毛クリームや、毛が生えるスピードを遅らせる天然成分を配合した抑毛ローションなどは、カミソリや毛抜きより肌へのダメージが少なく、中学生でも比較的安心して使えます。

ただ、脱毛クリームや抑毛ローションはコストが高いので、親の援助は必須。また、脱毛クリームに配合されている成分によっては、かぶれや赤みなどのトラブルを起こす可能性があるので、使用前には必ずパッチテストを行いましょう。

かかるお金

3,000円の脱毛クリームを2ヶ月間(週2回の頻度)使えるとすると1年間で18,000円
10年間で、合計180,000円
(※さらにアフターケアが別途で必要)

電気シェーバー

当サイト評価 ★★★★☆4

仕上がり△ 肌◎ 手間○ コスト◎

女性向けのボディ用電気シェーバーを使用すれば、肌へのダメージを最小限に抑えながらわき毛を処理することができます。

正しくメンテナンスすれば数年間使用することができるので、消耗品である脱毛クリームや抑毛ローションに比べればコストパフォーマンスは良いと言えます。

ただ、誤った方法で使用すると肌に傷をつけてしまう可能性があるので、初めて使う時は必ず親が正しい使用方法を教えるようにしましょう。

かかるお金

本体5,000円の電気シェーバーを5年間使えるとして、1年間で5,000円、10年で10,000円。
替刃を5年間で2回交換するとして、10年で8,000円。10年間で、合計18,000円

脱毛して生えなくする

当サイト評価 ★★★★★5

仕上がり◎ 肌◎ 手間△ コスト◎

クリニックで採用されている医療レーザーは成人になるまで施術することができませんが、脱毛サロンや家庭用脱毛器などのフラッシュ脱毛は、中学生でもわき毛を脱毛できます。

フラッシュ脱毛は繰り返しケアすることでわき毛が生えてこなくなるので、将来のことを考えて早めに処理しておこうと考える中学生や、親も増えてきています。

かかるお金

家庭用脱毛器は1~10年間で約50,000~70,000円
脱毛サロンなら、1年間で約400円(中学生は脱毛6回制限があるサロンの場合)

一番のオススメは、ワンコインでできる「脱毛サロンのワキ脱毛」

オススメ方法

脱毛サロンと聞くと、お金がかかるイメージがあるかもしれませんが、当サイトで紹介しているミュゼプラチナムなら、500円で脱毛でわき脱毛できます。

安すぎて逆に怪しく感じるかもしれませんが、大手のサロンではキャンペーン価格でワキ脱毛ができるのがあたりまえの時代になっています。

ただ、中学生は成長途上で、また生えてきていない毛もあるかもしれませんので、回数に6回までの制限が付いてしまいます。6回の脱毛でも生えなくなったり、ほとんど目立たなくなったりする人がとても多く、悩み解消の手段としてはかなり優秀だと思いますので、数百円のワキ脱毛を利用しない手はないと思います。

仲の良い親子中学生ひとりで脱毛の契約はできませんので、親の同意が必須となりますが、もしこのページをご覧になっているのが親権者の方であれば、お子さんのためにも一度中学生のワキ脱毛について詳しくご覧になるといいと思います。

すでに500円でワキ脱毛を完了している中学生はたくさんいます。

当サイトでも「しつこい勧誘」「追加料金」などの心配がなく、格安でワキ脱毛ができる方法を紹介していますので、是非参考にしてくださいね。

中学生のわき毛処理 関連ページ