各わき毛処理方法の人気商品や店舗を調査し、比較しました

当サイトでオススメする各わき毛処理方法で人気の商品の特徴や価格を調査し、ピックアップしました。その中で、機能性や、仕上がり、コスト面で優れている商品を吟味しました。

家庭用フラッシュ脱毛器の調査と比較

フラッシュ脱毛器は種類が多く、メーカーごとに特徴があります。調査していると、ケノン、レイボーテプロ、センスエピG、ラヴィ、ルメア、モーパプロ、エピレタを見かける機会が多かったです。家庭用脱毛器で見るべきポイントは、主に照射パワー、照射範囲、照射回数、価格だと思いますので、それぞれ比較、吟味しました。

ケノンは現在最も売れている脱毛器のようで、通販サイト等の調査で見かける数も圧倒的に多かったです。照射パワー、回数、面積、その他機能のどれを見ても間違いなく最高の性能だと思います。価格は他の脱毛器と比べて高めですが、維持費がかからず経済的ですし、選んで後悔の無いコスパ抜群の脱毛器だと思います。

レイボーテプロは価格は25000円程度と脱毛器の中では安い部類なのですが、脱毛力に難があると思います。説明書にも「使うのをやめると元に戻る」と書かれており、脱毛よりは抑毛に近いイメージ。

センスエピGはコンパクトが売りの脱毛器ですが、照射範囲が狭いので、時間がかかってしまいますし、照射漏れや、同じ箇所に重複して照射してしまう可能性が高くなります。

ラヴィは照射面積、回数などケノンに劣る点も多いですが、かなり優秀な脱毛器だと思います。価格面でも4~5万円でケノンより安く購入することができます。

ルメアはコードレスで使い勝手がよく、照射回数も多く、面積も広めです。価格はタイプやオプションによって差がありますが、およそ3~5万円前後です。照射箇所が大きく、立てたままおけないため、横か逆さまにして保管しなければいけないという以外は悪い口コミも少なかったです。

エピレタは高性能のように見えますが、現在主流となっているフラッシュ脱毛器の照射面積と比較すると、照射口が小さすぎます。(およそ3分の1~半分以下の大きさ)

ブリリアントエピは楽天市場のランキングで見つけましたが、この商品は本体価格は安いのですが、照射回数が1,500発ととても少ないので、カードリッジ寿命が短く維持費がかかってしまいます。

モーパプロはかつて大ヒットした脱毛器ですが、ケノンの旧型であるイーモの登場で影が薄くなった印象。調査したところ、現在も楽天などの通販サイトで買えるようですが2014年で公式サイトがなくなっているらしく、カードリッジの購入も出来ないためオススメできません。

上記の脱毛器を照射パワー、照射範囲、照射回数、価格を考慮して比較すると、ラヴィ、ルメア、ケノンの3つが候補として考えられます。どの商品も高性能ですが、やはりこの中でもケノンの突出した性能が目立ちます。家庭用フラッシュ脱毛器は何度も買うものではなく、1台選んで長い付き合いになります。そう考えると、最も優秀な性能であるケノンを選ぶ方が維持費もかからず後悔しないと考えたため、当サイトではケノンを紹介しております。

脱毛サロンの調査と比較

全国各地に店舗を構える脱毛サロンで、わき毛を脱毛することができるサロンを調査したところ、ミュゼプラチナム、TBC、エピレ、RinRin(リンリン)、ジェイエステティック、ラットタット、lacoco(ラココ)、KIREIMO(キレイモ)、RAYVIS(レイビス)、シースリー、ラ・ヴォーグ、脱毛ラボ、エターナルラビリンス、銀座カラー、シースリー、ピュウベッロが候補に挙がりました。それぞれ調査し、比較しました。

ミュゼプラチナムですが、わき脱毛=ミュゼといってもいいほどの知名度であり、公式サイトを見ると会員数、店舗数が日本一であることが分かります。また、わき+2部位の脱毛の価格もかなりリーズナブルな価格で満足いくまで通えますし、無理な勧誘や追加料金、キャンセル料も一切かからないようですので、脱毛未経験者でも安心して通うことができます。

TBC、エピレは同系列店で、どちらも全国に多数の店舗があり、通いやすさは○。TBCは両ワキ6回のファーストプランは500円で、エピレは700円で回数無制限です。TBC、エピレのどちらかに初めて通う場合限定の格安プランですので、初めて脱毛するひとは候補の一つに入れていいと思います。

RinRin(リンリン)は両ワキを1,980円で1年に4回脱毛できるリーズナブルなプランなので、お近くに店舗があれば候補に入れていいと思います。しかし、毛の濃さにもよりますが4回では脱毛完了には至らない人も多いので、毛が濃く太い人、量が多い人は回数制限の内サロンを選ぶ方がいいかもしれません。

lacoco(ラココ)はたった100円で、回数制限なしで脇を脱毛することができますので魅力的です。ただし、現在は東京に4店舗、埼玉に1店舗、大阪に2店舗の計7店舗しかありませんので、お近くにサロンがない場合は通うことが難しいです。もし、近くに店舗がある場合は候補入れていいと思います。

ラットタット、シースリー、ラ・ヴォーグ、脱毛ラボ、エターナルラビリンス、KIREIMO(キレイモ)、RAYVIS(レイビス)、ピュウベッロ、銀座カラーは全身脱毛に力を入れているため、脇だけを脱毛したい人はワキ脱毛プランを売りにしているサロンの方が、かなり格安で脱毛できますのでオススメです。

価格、店舗数で比較するとミュゼプラチナムかTBCがいいと思います。当サイトでミュゼを紹介している理由は、わき脱毛の回数に制限がないことと、当日でもキャンセル料金がかかりませんので安心して予約でき、会員数・店舗数も多いため信用と利便性が高く、顧客満足度が高いと考えたためです。

家庭用レーザー脱毛器の調査と比較

家庭用フラッシュ脱毛器のシェアが広くなる中で、唯一残っているレーザー脱毛器のトリア4X。他にも調査しましたが、トリアの他にはめぼしい家庭用レーザー脱毛器は見当たりませんでした。レーザー脱毛器としての性能や安全性は、アメリカでFDA認可をうけていることでお墨付きですし、他に選択肢はありません。

フラッシュ脱毛器と比較するとメリット(照射力が強いなど)よりもデメリット(照射範囲が狭い、痛みがあるなど)が目立ちますが、太く濃いわき毛には向いている商品だと思います。

脱毛クリニックの調査と比較

脱毛クリニックの調査して、アリシアクリニック、湘南美容外科クリニック、フェミークリニック、リゼクリニック、クレアクリニックなど全国に店舗があるクリニックをピックアップしました。それぞれ、プランや脱毛箇所、脱毛方法、価格に大きな差があります。

アリシアクリニックは、全身脱毛は月額12,000円の全身脱毛を推しているようです。セットにもよりますが全身5回完了の総額は29万円程度かかります。両ワキ脱毛プランは3回で10,000円、5回で13,750円です。

ワキ脱毛を見ると他のクリニックと大差ありませんし、現在は関東に4店舗のみですので候補には入れづらいように思います。

湘南美容外科クリニック両ワキの脱毛は5回コースで1,000円。脱毛サロンと大差ない価格で脱毛できます。
また、関東、関西を中心に全国33店舗ありますので、通いやすい脱毛クリニックだと思います。

フェミークリニックは全身は5回で398,000円。両ワキは5回で15,000円です。
東京と大阪に7店舗ですので、その他の地域にお住まいの方は通うことが難しいです。7店舗のうち心斎橋と、新宿東口店は脱毛専門ですので、通うのであればこの2店舗の方が専門性が高い分、信用できると思います。

リゼクリニックは東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、新潟など全国に10店舗を構える脱毛クリニックです。全身脱毛は21箇所5回で298,000円
ワキ脱毛プランは5回コースで9,800円。ワキ脱毛は他と比較しても安い方だと思います。

クレアクリニックの全身脱毛は、16部位から6部位選ぶコースで20~50万円かかります。部位が少ないですし、他社と比較すると脱毛完了までにかかる金額が大きいと思います。両ワキのみなら6回で29,160円。どちらも割高だと思います。

上記クリニックは、全身脱毛にちからを入れている店舗が目立ちます。全身だと金額が20~50万円かかってしまいますし、ワキ脱毛から全身に切り替えるにはかなりの追加料金が必要になってしまします。

わき毛を脱毛するのであれば、全国に30店舗以上あり、脱毛サロン波の価格で脱毛できる湘南美容外科クリニックがオススメです。

どちらも知名度が高く、低価格でワキの脱毛ができるのですが、店舗数に大きな差があります。

電気シェーバーの調査と比較

電気シェーバーを調査したところ、ダントツの人気を誇るのがパナソニックのサラシェとフェリエです。そのほかにも有名商品はあるのですが価格が高かったり、特徴が無かったりと選ぶ理由が見つからず、コスパを考慮するとサラシェとフェリエに絞られました。

フェリエは眉や顔の産毛用の商品が多く、安全性は高く、口コミを調査するとワキに使用している人も多いようですが、もともと脇用ではありませんので、毛が太く濃い人には不向きな商品といえます。

サラシェは防水機能もあり、パワーも強く、トリマー機能も兼ね備えていますので使い勝手がよく、フィット性に優れた設計なのでキレイにワキの毛を処理できると思います。