わき毛が生えるスピードや量はなにで決まるの?

考える女性わき毛は男性・女性ともに思春期になると生え始めますが、同じ性別・年齢であっても、わき毛が生える量やスピードには個人差がありますよね。

実際、何度処理しても生えてくるといって悩んでいる人もいれば、まわりはみんな生えてきているのに、自分だけまったく生えてこない・・・と悩んでいる人もいるようです。わき毛の悩みはまさに千差万別です。

では、なぜわき毛の量や生えるスピードに違いや差が生まれるのでしょうか?

わき毛は男性ホルモンの量で決まる

人間の毛は大きく分けて、ホルモンの影響を受けやすい「性毛」と、ホルモンにあまり影響されない「無性毛」の2種類に分類されます。

このうち、わき毛は性毛にあたり、男性ホルモン「テストステロン」の影響を受けやすい傾向にあります。

テストステロンは男性だけでなく、女性にも存在するホルモンですが、分泌量には個人差があり、それがわき毛の量を決める要因となっています。

わき毛の生えるスピードを抑えるには?

男性ホルモンの分泌量には遺伝も関係しているので、わき毛の生えるスピードや量をコントロールするのは難しいと言えますが、生活習慣や食生活を見直せば、男性ホルモンの分泌量を抑えることも可能です。

大豆イソフラボンを摂取する

大豆の胚芽部分に多く含まれるポリフェノールの一種「イソフラボン」は、女性ホルモン「エストロゲン」と似た作用を持っています。

女性ホルモンには男性ホルモンの活性化を抑える作用があるため、納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品を積極的に摂取すれば、テストステロンの分泌を緩やかにする効果が期待できます。

特に女性にとっては、ホルモンバランスが整って美肌効果も実感できるので、一石二鳥の方法と言えるでしょう。

抑毛ローションを塗る

毎日大豆製品を食べるのは難しいという方には、抑毛ローションを使用するという選択肢もあります。

抑毛ローションには大豆から抽出したエキスが含まれており、脇の下に塗れば大豆のエストロゲン作用でわき毛の発毛・成長を抑えることができます。

生活習慣を改める

女性のわき毛が男性より少ないのは、男性ホルモンより女性ホルモンが優位になっているためです。

しかし、慢性的なストレスや喫煙、乱れた食生活などの要因が重なると体内のホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの影響を受けやすくなってしまいます。

最近わき毛が生えるスピードが速いと感じたり、毛が濃くなってきたと思ったら要注意。日頃の生活習慣を見直し、乱れたホルモンバランスを整えるよう心がけましょう。

わき毛が生えるスピード 関連ページ