わき毛の生えてくる周期(毛周期)は?

ヘアサイクル図わき毛を含む人間の体毛は、それぞれ一定の周期を繰り返しながら生えたり、抜け落ちたりしています。

この周期を毛周期(ヘアサイクル)と言い、主に成長期、退行期、休止期の3つに分類されています。

では、それぞれの周期にはどんな特徴や違いがあるのでしょうか?

わき毛の周期の特徴

成長期

わき毛が発毛し、成長する時期です。わき毛の根っこには毛乳頭という部分があり、その周囲には無数の毛母細胞が取り巻いています。

毛細血管を通じて毛乳頭に栄養が運ばれると、毛母細胞のはたらきが活性化。分裂・増殖を繰り返し、毛の発毛・成長を促す仕組みになっています。

わき毛の場合、成長期の期間は約2~5ヶ月間ほどで、一日におよそ0.3mm~0.4mmのスピードで伸びていきます

退行期

成長期が終わると、毛母細胞の分裂が止まり、毛が成長しなくなります。すると、毛乳頭と毛の結びつきも弱まり、毛が抜ける準備が始まります。

退行期は3つの周期の中で最も短く、2~3週間ほどですぐに休止期に移り、わき毛が抜け始めます

休止期

毛と毛乳頭が完全に離れ、毛が抜け落ちる時期です。自然に抜けるので痛みや違和感はありません。

わき毛の場合、休止期は4~5ヶ月ほどあり、この時期は毛が生えることも伸びることもありません

脱毛は成長期に合わせて行われる

わき毛の毛周期は1本1本ごとに違いがあり、表面に出ている毛は全体量のおよそ3分の1程度しかありません。

そのため、レーザー脱毛でもフラッシュ脱毛でも、一度ですべてのわき毛を脱毛することはできず、毛周期に合わせて何度か照射する必要があります。

ちなみに、脱毛に適した毛周期は、わき毛が発毛して伸びていく成長期。この時期は毛乳頭と毛の結びつきが強く、照射エネルギーが毛根までダイレクトに届きやすいため、効率よくわき毛を脱毛することができるのです。

わき毛の毛周期 関連ページ