わき毛の役割って?

ワキをおさえる女性いらないムダ毛としてのレッテルを貼られ、処理されてしまうことの多いわき毛ですが、そもそも、「なんでいらない毛なのに生えてくるの?」と思っている女性も多いことだと思います。

生えてこなければ、処理の手間も省けますし、煩わしさからも解放されますもんね。

実はわき毛には、私たちが知らない重要な役割があるのかもしれませんね。

わき毛のはたらきと役割

わき毛のはたらきや役割についてはまだ解明されていない点もありますが、現在のところ、以下3つが有力な説となっています。

皮膚を保護するはたらき

脇の下は他の部位に比べて皮膚が薄く、外部からの刺激によって荒れやすい箇所と言えます。

特に脇は腕を振るたびに摩擦が生じたり、洋服が擦れやすい場所でもあるので、わき毛にはこれらの外的ダメージから肌を保護する役割があると考えられています。

熱を保持するはたらき

脇の下は皮膚が薄いぶん、血管が表皮から近くなるため、熱を奪われやすい傾向にあります。

わき毛には脇から熱が過剰に放出されるのを防ぐ役割があり、体を保温する作用が期待できます。

また、逆にわき毛を通じて体内の熱を外に逃がすはたらきも考えられることから、わき毛は体温調節機能をもつ体毛と言えるでしょう。

フェロモンを発散するはたらき

人間は無意識のうちにフェロモンと呼ばれるニオイ成分を分泌させており、これには異性を興奮させる作用があると考えられています。

フェロモンは無色無臭の物質ですが、汗と一緒に分泌されるため、汗をかきやすい部位、つまり脇の下などはフェロモンが分泌されやすい部位として知られています。

そのため、わき毛には脇から分泌されたフェロモンをため込み、周囲に発散するはたらきがあるという説が有力視されています。

現代では処理するのが当たり前

わき毛は体にとって必ずしも「むだ」なものとは言えませんが、現代においては、やはりわき毛は何らかの方法で処理するものという考えが強く根付いています。

見た目の善し悪しはもちろんですが、わき毛があると脇の下に汗がたまりやすくなり、わき臭の原因になること。また、汗がたまると必然的に雑菌が繁殖しやすくなり、かぶれやかゆみ、発疹などの肌トラブルが起こる確率も高くなります。

実際、わき毛本来のはたらきや役割よりも、わき毛を処理することで得られるメリットの方が大きいことから、近年は年齢や性別を問わず、わき毛を処理する人が増えています。

わき毛の役割 関連ページ