ワキ毛処理でよくある3つの肌トラブルとは

わきを自己処理している人は、脇の肌トラブルには注意する必要があります。

今はまだ大丈夫でも、間違った処理方法をつづけてしまうと、遅かれ早かれ肌トラブルに見舞われる可能性があります。

ここでは、代表的な3つの肌トラブルについて説明します。

埋没毛(埋もれ毛)

埋もれ毛わき毛が生えてくることができずに、皮膚の中で成長を続ける肌トラブルです。

毛を剃ったり抜いたりした後の皮膚が再生するときに、毛穴をふさいでしまうことが原因です。

皮膚が薄い箇所でなりやすい症状ですが、脇の処理でも埋もれ毛ができてしまうこともあり、気がついた頃には「埋没毛がたくさん」なんてことも珍しくありません。

皮膚の下にうっすらと黒い毛が透けて見えますので、見た目的にはかなりのマイナスになってしまいます。

埋没毛になりやすい処理方法

毛抜き、カミソリ

黒ずみ(色素沈着)

黒ずみわきの黒ずみは、わきの肌トラブルの中でも一番多い悩みかもしれません。

主な原因は、わきへの刺激や摩擦です。

脇に刺激を与えると、表皮にあるメラノサイト(メラニン細胞)が外部からの刺激への防御反応としてメラニン色素が沈着してしまいます。

カミソリや毛抜きをつかっている方は、わきが黒ずんでしまうリスクが高いので注意しなければいけません。

自己処理後の乾燥した肌はさらに危険。保湿してあげることで、若干黒ずみの予防になりますので、アフターケアは忘れないようにしましょう。

黒ずみになりやすい処理方法

毛抜き、カミソリ

炎症(肌荒れ)

炎症わき毛処理後のむき出しになった毛穴に菌が付くと、毛穴が炎症を起こす毛嚢炎(毛包炎)になる可能性があります。

処理方法によるところが大きく、特に毛抜きは注意です。

ぽっかり空いた毛穴は無防備ですので、菌が多いお風呂場(湯船)での処理は止めた方が良いでしょう。

基本的には自然に治りますが、繰り返すようならステロイド軟膏や抗菌薬の処方も検討しましょう。

炎症をおこしやすい処理方法

毛抜き

わき毛の知識 関連ページ